相性の良い

イソフラボンがコレステロール値を下げてくれるの?

食のバランスは容易に崩れてしまいます。
とりわけ最近は食が欧米化してきているので、油の量が半端なく使われています。
そうすると気になるのがコレステロールです。

コレステロール値が上がると様々な問題を引き起こします。
血をドロドロにして最終的には血管を詰まらせてしまったりすることもあります。
この状態は絶対に避けなければなりません。

下手すると命に関わることもあるからです。
コレステロールには、善玉と悪玉があります。
善玉は、胆汁酸を作ってくれます。

この酸は、細胞を守る上で欠かせません。
問題は悪玉です。
悪玉はどんどん蓄積していきます。

それにより血管を塞いでしまいます。
そして酸化しだすと、今度は動脈硬化になります。
ですから悪玉コレステロールを減らすことが非常に大切です。

この上で役立つのがイソフラボンです。
イソフラボンには二つの働きがあります。
一つは悪玉をへらすこと、もう一つは善玉を増やしてくれることです。

この二つの働きをしてくれる成分は多くありません。
ですからコレステロール値が気になりだしたら、イソフラボンを摂取するべきです。
主に大豆製品にイソフラボンは含まれるので積極的に摂取するようにしましょう。
毎日続ければ血液もさらさらになり、どんどん健康になれます。

このページの先頭へ